正しい知識とルール

家族

車道の左側を走行する

健康的な乗り物で、環境に優しく、家計にも響かないとして人気が高まっているのが、自転車になります。しかし乗り手が増えるにつれて、自転車事故が増加するといった困った事態も発生しているのです。この事態は、自転車に関するルールと知識が、全般に周知されていないという現状があります。自動車は、免許を取得するために専門の学校に通い、受験し合格してから運転することが許されるのです。それに比べると、自転車は学校に通う必要がなく、購入してから乗れればそれでもう街中を走れます。免許を取得する必要もなく、ガソリンを必要としない自転車は確かにエコで便利な乗り物です。近年増えつつある自転車事故の、多くは本来走行すべきでない歩道をスピードを出して通り抜けようとしたなどのケースが増えています。自転車は自動車の仲間として軽車両に分類されるので、車道の左側を走行するのが原則なのです。

いざという時のために

上記したように、車道の左側を走行していないと、他の人の迷惑になるだけでなく自転車事故を起こしやすいのです。例えば車道の右側を走っていたとしたら、対向してくる自動車やバイクと接触しかねません。また歩道を走行すれば、歩行者や歩道で何らかの作業中の人に、追突しかねないのです。加害者にも被害者にもなりうる自転車事故は、正しい知識とルールを守ることで危険を回避できるのです。しかしルールを守っても回避できなかった時のために、必要なのが自転車保険になります。耳慣れない言葉かもしれませんが、現実として各地で起こっている自転車事故では賠償が請求されたというケースがあるのです。自転車の購入時に、ショップで加入するタイプのものは、手軽で良いのですが補償対象が自転車そのものになります。これでは加害者として賠償請求された時に、困りますので補償対象が自転車だけではなく、人も補償してくれる保険に加入しておくと安心です。インターネットからでも加入できる便利な保険がありますが、補償内容は加入する前に確認しましょう。

Copyright© 2017 保険マンモスの口コミなら損知らず|見逃せない有益情報 All Rights Reserved.