もしもの時の保険です

一家

自転車運転が起こす事故

自転車を運転することは、自動車の運転と同じくらい危険を含んでいます。自転車は車道を走ることが義務づけられていますが、実際には、歩道を走ったり車道を走ったりしていますので、自動車や歩行者と常に接触の可能性があるからです。自転車保険は、万が一、自転車を運転中に事故をしてしまった場合に大きな安心につながります。自転車保険でカバーできるものとして、一つは本人の医療費です。自転車運転中に事故を起こした場合、骨折や捻挫だけでなく頭部打撲や内臓破裂など様々なけがを負う恐れがあります。また、加害者になる場合には、個人賠償責任もカバーできます。自転車で歩行者を引いてしまった場合には、最悪の場合、死亡事故になる恐れもありますので、賠償責任も重要です。

個人賠償責任にも対応

子供の場合には、親が医療費を支払ったり、個人賠償金を支払ったりできるので、保険に加入していないケースが多いですが、自転車保険に加入することで、様々な事故にも対応できるので便利です。自転車で事故を起こした場合には、もちろん対象になりますが、それ以外の事故であっても対象に含まれる場合があります。自転車保険を選ぶ場合には、保険料が安いものを選ぶことも重要ですが、様々な事象に対応できる汎用性の高いものにすることが大切です。自宅で足をぶつけて骨折したりとか、公園で遊んでいる時にボールを当てて怪我をさせてしまった場合などでも対応できるような保険を選べば安心です。自転車事故の場合、1億円近い個人賠償責任が認められた事例もありますので気を付けなければなりません。

Copyright© 2017 保険マンモスの口コミなら損知らず|見逃せない有益情報 All Rights Reserved.